2007年09月06日

競争、競争って言ってるのが面白い。

私がバウチャー制度に託すもの
〜進学校だけがトクをする。本当にそうか?

教育再生会議をはじめとする議論の場で、私が強く主張していることのひとつに、教育における「バウチャー制度」の導入があります。

 教育改革論議の中で、良い授業をする教師と、良い教育ができる学校を増やすということについては、誰からも何の異論もありません。

 ただ、同時に私は、そうでない教師と学校には教育の場から去ってもらわなければならない、と主張しています。するとたちまちもの凄い反発が起きるのです。

 でも、普通に考えたら、おかしいと思いませんか。

 生徒を教育する意欲も能力もない教師や学校が当たり前のように生き残れるのであれば、まさしく悪貨が良貨を駆逐する、ということわざどおりになり、教育改革は絵に描いた餅で終わるでしょう。

 そもそもいまの教育の荒廃の原因のひとつは、ダメな教師、ダメな学校を排除しなかったことにある、と私は考えています。

 私立・公立を問わず、学校には「官」から支給される補助金があります。

 私たちが以前調査したところ、実際の生徒数が学則定員の10%にも満たないような学校にも補助金がついていました。いっておきますが、公立ではなく、私立の話です。もはや経営など成り立っていないわけです。本来ならとっくに破綻しているはずのこうした学校が、なぜ存在できるのかといえば、このように、そこに注ぎ込まれる補助金があるからなのです。

「補助金」を官ではなく、親に、行き先を決めさせる

 私が導入を主張するバウチャー制度とは、この補助金を引換券、クーポン券のようにして子どもを持つ家庭すべてに配るというものです。

 親は自分の子どもを通わせる学校を自由に選び、このクーポン券を学校に渡します。学校はそれをお金に換え、学校の運営と教育の充実に使う。クーポン券が多く集まった学校は、親や子どもたちから支持された学校ということになり、使える補助金も増えるという仕組みです。逆の場合は説明する必要もないでしょう。当然、学校間には生徒争奪戦が起こり、自由競争が喚起されるというわけです。

 しかし、それに対して聞こえてくるのが、例の「教育の機会は均等でなければいけない。教育に競争など持ち込んだら格差が生まれる」という、まるで的外れな大合唱です。また同時に叫ばれる「過疎地の学校がなくなったらどうするんだ」という話は、まったく別次元の問題で、そういった特殊事例に関しては、当然セーフティーネットをつくって守るべきです。

 東京をはじめとする都市部は学校が余っています。おまけに少子化は進む一方。ならば、私立だろうと公立だろうと、生徒を育てられないダメな教師は去らせ、生徒にそっぽを向かれた学校は潰し、浮いた補助金を良い教師と良い学校に振り分ける。この案のどこが格差を生むというのでしようか。

 教育改革というのは、要するに教師の授業の質が上がり、学校の質が上がり、生徒の水準が上がることのはずです。

 授業の質を上げるため、教師が努力し、競い合う。誰のために競い合っているかというと、子どもの幸せのためです。

 学校もそうです。なぜバウチャー制度が必要か、もうひとつ別の角度からいえば、もっといろいろな学校があっていいということなのです。

 うちの学校は生徒を東大に入れます、うちの学校はスポーツエリートを育てます、うちの学校は生徒にボランティアを徹底的に学ばせます、といった具合にさまざまな方針を持った学校があっていい。あとは保護者と生徒がどの学校を選ぶか、だけなのです。

 学校という名のサービスはもっと多様化していいはずですし、競争を通じてその品質が上がっていけばいいのです。そのために絶対的に必要なのが、市場メカニズムの導入であり、競争だということなのです。

 しかし、そうなったら、結局、親は有名校への進学率を物差しにして、偏差値の高い学校に入れさせるだろう、要するに学校の個性なんかで選びはしないのではないか、という意見もあります。親には学校を選べないだろう、わからないだろう、と。

 もちろん現在の親の世代が、偏差値という物差しに毒されていることは、疑う余地がありません。

 自分たちがその物差しが中心の世界で生きてきたから、偏差値に代わる物差しがない。いい学校に行っていい会社に入ればそれが幸せだという物語が何となくあった。いいかえれば、何のために働いて何が幸せなのかを、親自身があまり真剣に考えずに現在にいたっている。ただ、単純な偏差値教育は、もはや歪みが目立っている。けれど、それに代わる価値観がまだ見えない。となると、自分にとって、子どもにとっての幸せというのは何なのか――。そう考えあぐね、結局親は子どもかわいさゆえに、進学校を目指そうとなってしまう。

 だからバウチャー制度なんて導入しても、進学校がトクするだけだよ、という意見が出てくるわけです。

 けれども、ちょっと待ってください。少子化が進むいま、実は学校教育の現場で問題になっているのは、むしろ大学に「全員が入れてしまう」、いわゆる大学全入時代に突入しようという事態のほうなのです。すなわち、バウチャー制度導入による競争の激化を心配する以前に、そもそも大学受験で競争がなくなってしまうおそれがあるのです。

バウチャーもまた手段のひとつに過ぎません

 では、どうすればいいのか。卒業を厳しくすればいいのです。まず、高校で卒業認定制度を設ける。国が認める学力がない限り、高校卒業資格を認めないのです。大学も同じ。試験などの成績によっては大学の卒業資格を認めない。こうすれば、子どもたちは否が応でも勉学にいそしむはずです。

 最後に、これもよく誤解されるので記しておきますが、私はバウチャー原理至上主義者ではありません。人口の少ない地方ではバウチャー制度は機能しにくいでしょう。バウチャーもまた手段にすぎないのですから、もっとよい教育改革の手段があればそれを使えばいい。

 肝心なのは、子どもたちが幸せだと思える人生を送れるよう、私たち大人がどれだけ手助けできるのか、ということです。そのためにはまず、既存の学校と教師が切磋琢磨して自己改革を図らなければダメなのです。そしてバウチャーはその一助となる道具なのです。

 さて、この連載もそろそろ終わりです。具体的な事例など、私の主張の続きはもしご興味を持っていただければ、ぜひ書籍でご覧ください。次回は最終回、最後に、カンボジアで、自らの無力さを痛感した経験で締めくくりましょう。

もうねなんでここまで競争、競争言ってるのか
おかしくなってくるw

競争なんて既にあるわけじゃない?
だから高校野球で名前を売るために授業料免除したり
難の縁もゆかりもない遠いところの子を連れてきたり
一人の子に受験料を払ってたくさん合格してもらって実績水増ししたり
これら全部競争がさせていることだよ。

だから競争が悪いですとまでは言わないけど、
競争すれば良いって考え方が理解出来ない。

文中に「うちの学校は生徒を東大に入れます、
うちの学校はスポーツエリートを育てます、
うちの学校は生徒にボランティアを徹底的に学ばせます、
といった具合にさまざまな方針を持った学校があっていい。
あとは保護者と生徒がどの学校を選ぶか、だけなのです。」
ってあるんだけど、例えばこの選択肢でどの学校に入れさせたいか?って
聞けば、正しいとか間違っているとかは別にして
「東大に入れます」の学校って答える人が多いのだろうし、
ボランティアを学ばせますなんて学校に入れさせる人なんて
どれくらいいるんだろう?
それこそ「実際の生徒数が学則定員の10%にも満たないような学校」が
誕生するような気がするよw

そんなに競争、競争って言っててひどくないのかねぇ。。。
posted by hikasu at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまさらバウチャーのメリットがよくわからないんだけど。。。

ただ、バウチャーって聞くと松村とチャウチャウが思い出されます。w
Posted by nobi at 2007年09月11日 01:35
アハハw

チャウチャウw
Posted by hikasu at 2007年09月11日 10:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヒカス。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。