2007年06月17日

膳場貴子と辛酸なめ子が高校の同級生だとかどうでもいい情報を得られるwikipediaは面白いですよね。

安倍さんは国民に愛情ない 田中元外相が厳しく批判
田中真紀子元外相は16日、甲府市で開かれた夏の参院選山梨選挙区の民主党候補の集会に出席し、安倍晋三首相の政権運営について「安倍さんは内閣を守ることばかりで、国民への愛情がない」と厳しく批判した。
 当初、集会には小沢一郎民主党代表が出席を予定していたが、党務の都合で中止となり、代わって田中氏が出席。田中氏は7月初めに新潟選挙区の同党現職応援も予定しており、今後、民主党支援を強める構え。
 田中氏は「今国会は強行採決が多い。安倍さん(が首相)になってから十二分に議論できる場が設けられていない」と強引な国会運営を批判。
 年金記録不備問題では「自民党一党支配の50年で官僚に丸投げしてきた結果」と切り捨てた。
 さらに「安倍さんは自分より優れた人は嫌い。内閣に自分以下の(力量の)人をそろえるから安倍さんが利口に見える」などと、約1500人の参加者を前に“真紀子節”を繰り広げた。

自民党のせいだと言うのは結構なんだけど、
自民党の過去まで批判すれば自分に跳ね返ってくるとは考えないのか?

それと安倍が利口に見えるって
利口だと思っている人がどれくらいいるんだろうか?

オトーサン好みのスポアナは「アイドル」より「正統派」
スポーツ用品メーカーの「ダイワ精工」が、20代から60代の既婚男性を対象に「お父さんのスポーツアンケート」を実施。「好感の持てるスポーツキャスター」で、NHKの青山祐子アナ(担当番組=ニュースウオッチ9)がブッチギリのトップになった。過去10年間、同調査でキングとして君臨していた江川卓(第4位)を抜いての快挙。女子アナとしても人気の大橋未歩(第8位、テレ東=メガスポ)、平井理央(第9位、フジ=すぽると)を軽くかわしているのも意外だ。
 女子アナ評論家の上杉純也氏がこう分析する。
「石本沙織(第3位、フジ=めざましテレビ)もそうですが、青山はアイドルアナではなく、正統派のアナウンサー。オトーサンには、目立ちすぎず、スキャンダラスなイメージがない方がウケる。ポッチャリな体形にも癒やされますしね」
 青山は高校生の時、新体操で国体に出場し、大学では弓道部に所属。石本も早大のチアリーディング部出身で指導者の資格を持っている。元アスリートとして、リアルな原稿が読めるのも人気の要因?

「スポーツアナ」と限定されるとさわやかな人って
イメージを持つんだと思う。
そう考えれば、男の話が尽きない平井なんかは低くなって当然。
あの笑顔も次々海老蔵のように提供される週刊誌ネタも
全くさわやかではないからねw

あの人は今こうしている 荒木久美子(「ジュリアナ東京」お立ち台クイーンだった) (ゲンダイネット)
バブル時代のひとつの象徴ともいえるディスコ「ジュリアナ東京」のお立ち台で、初めてジュリ扇片手にセクシーなボディコンスタイルで踊ったことから「荒木師匠」と呼ばれた荒木久美子さん。深夜番組「トゥナイト」のリポーターやバラエティー番組でも活躍した。今どうしているのか。
「母(真鼓音(まこと))が14年前から銀座でやってる『パールメール』ってクラブを手伝ってます。銀座のクラブというと、“座ってウン万円”ってイメージがあるでしょ。その点、ウチは座って1500円、ハウスボトルは2000円で飲める、とってもリーズナブルなお店です」
 銀座7丁目のビル4階にある「パールメール」で会った荒木師匠、こう言ってニッコリ笑った。客席数30、12坪の店内はシックで落ち着いた雰囲気。元レースクイーンや元ミス、元ダンサーなど10人の女性が日替わりで働いているという。
「ワタシが小さい頃に離婚して以来、母はずっと銀座で働きながらワタシと弟を育ててくれた。女手ひとつでマンションを買い、ベンツにも乗れる生活をさせてくれた母ですから、親孝行したいんです。ホント、母にはこれからは好きに生きて欲しい。20歳の彼氏をつくろうが、海外で暮らそうが、海外放浪の旅に出ようが、かまいません、ハハハ」
 さて、99年、荒木師匠は整形外科医と結婚、芸能界を引退した。
「元夫は埼玉の開業医で、5回のデートで結婚を決めました。ワタシが派手に動き回ったら、彼に迷惑をかけると思い、ディスコにも行かず、家でジッとしてたんですが……」
 ところが、02年1月に離婚。
「フツーに家にいて、フツーに生活するのにも才能が必要だってことがわかって。ええ、ワタシはやっぱりフツーに毎日を過ごすには向いていなかったみたいです」
 離婚後は結婚式の司会などをしていたが、2年前からは「お店の宣伝になれば」と、女性を口説くテクニック満載のメールマガジンの配信を始めた。
「ワタシのメールマガジンの読者の大半は男性。で、多くの女性読者を抱えるメールマガジンの発行者の方と共催で出会いパーティーも開いてます。インターネットのいいところは、“荒木師匠”として伸び伸び活動できることと、売り上げ管理ができることかしら。司会の仕事は“司会なら誰でもいい”というケースが多く、それに本数や依頼日がいつ決まるかわからないため、現在はあまりしておりません」
 とはいえ、芸能活動は続けていて、この4月には大阪・朝日放送の「ビーバップ!ハイヒール」に出演した。
「ただの出演じゃないですよ、主演、主演だったんです。役柄はバブル時代のOL。素のまんまっていうか、あまり緊張することなく演じることができました、ハハハ。また機会があればぜひ!」

「荒木師匠」って名前に笑っていた私だけど、
やっぱりみんなも気になるってことなんだろうか。

それにしても「扇子」を持って「師匠」って呼んで踊ってるって
伝統芸能かと思うわ。

【この人物のオモテとウラ】膳場貴子(ニュースキャスター)
思いもよらない大ごとになってしまった。TBSがやった“ハニカミ王子”石川遼クンへのえげつない取材方法への批判が、燎原(りょうげん)の火のごとく燃え広がった。
 ひとつは盗聴問題。ラウンド中の石川の声を取ろうと、同伴競技者にマイクの装着を依頼したことだ。昼の情報番組「ピンポン!」のスタッフが仕掛けたものだが、同番組の総合司会を務める福沢朗キャスターは「ルールを逸脱した、あまりにも非常識な暴挙です。信頼していた友人に裏切られた気持ちです」と涙の謝罪。福沢キャスターの降板、同番組の打ち切りという絶望的な状況にもなってきている。
 ところで、TBSの石川取材をめぐるチョンボはもうひとつあった。同局の看板番組「NEWS23」のキャスターを務める膳場貴子(32)が書いた“レター”を番組スタッフが石川に渡そうとして制止された一件だ。TBSはなんの問題意識もないまま、このシーンを「NEWS23」で堂々とオンエアしている。
「膳場がレターに書いた内容は“……ゴルフはもちろん、勉強に遊びに恋にいろいろ経験をつんで、ますます素敵なゴルファーになって下さい”といったたわいもないもの。TBSにすればこのレターで石川が反応してくれて、その絵(映像)が撮れればもうけモノという狙いだったんでしょう。いまの石川の状況でこのやり方は姑息ですよ。メーンキャスターを使って引っかけてやろうという手段は盗聴より悪質だと思う」(他局プロデューサー)
 知らないまま矢面に立たされた福沢が涙の謝罪と番組降板まで示唆したのに対して、直接関与した膳場がまるで他人事のようにケロッとしたまま。
「膳場からすれば、番組の指示に従っただけの私のどこが悪いの、何で謝らなきゃならないのという感覚でしょうね。なにしろ、プライドと気の強さで生きてきた人ですから……」(芸能記者)
 女子学院から東大医学部を経てNHK入局。静岡放送局から、当時の海老沢会長直々のお声がかりで東京勤務へ。「おはよう日本」「プロジェクトX」の人気番組に抜擢され、紅白歌合戦の司会者にまで指名されれば、人を見下すような態度、ちょっとした言動にプライドの高さがのぞくのも仕方ないのかも知れないが……。
「確かに気の強い女性です。彼女は01年に大学時代から付き合っていた同級生と結婚したんですが2年足らずで別れている。その間、仕事を理由に相手の実家に一度も行かなかったそうです。気に入らなければテコでも動かない。この離婚が紅白の司会決定後に発覚したんですが、動揺の色はまったく見せなかった。東大出でソニー勤務の再婚相手とのツーショットを写真誌に撮られたときも“載せる必要があるの?”とカメラマンがタジタジするほど迫ったそうです」(前出・芸能記者)
 肺がんで離脱した筑紫哲也に代わりメーンキャスターとして「NEWS23」を仕切る膳場、石川騒動など眼中にないか。

私は以前から膳場のどこに大金を出してでも
欲しいものがあるのか全くわからない。
去年の9月3日にもそういうことを私は書いていたw

たまーにNEWS23を見ると筑紫がいないもんだから
膳場がかなりの割合で映っているんだけど、
やっぱり何が良いのかわからない。
原稿読みもうまいとは思えないし、
コメンテーターなどとのやり取りもアナウンサーなら
誰にでも出来そうなレベルに思える。

「人を見下す」とあるが、そういうのは、
東大時代に医学科の人達に見下された経験から
そうなってしまったんでしょう。。。(嘘だけどw)

で、膳場のことをもっと知るべく(これも嘘だけどw)wikipediaを見たら
「高校時代の同級生には日本テレビの馬場典子アナ、
漫画家の辛酸なめ子がいる。」って、
いきなり辛酸なめ子が出て来て笑った。

あと「筋肉少女帯のファンであることを
TBSのラジオ番組、中村雅俊マイ・ホームページで明かした。」って
これで私は少し膳場への見方が変わった気がする。

良くなったかはわからないが。

ちなみに石川君への取材ではイブニング5のヘリコプター接近もあるから、
失態は3つってことなんだろうか、TBS。

ところで秋葉原OG商会。
よく考えたら私もこの店じゃないけど、
テレビとか先に振り込んで買ってたわ。
これからは振り込まないでおこうと思う。。。けど
この店、代引、カード不可だったらしいじゃない?
それはさすがに怪しいなぁと。

カード不可はまぁ理解出来るとしても
代引不可はねぇ。。。

まぁ楽天には補償をしていただければよろしいかとも思うけど、
こんな詐欺師が次々と出て来た場合、
補償し続けられるものなのか?とも思う。

あと補償をしてくれるから楽天やヤフーで買うという考えもわかるけど、
詐欺師からすれば独自サイトでやっているよりは、
楽天やヤフーでやった方が効果的だからねぇ。。。

あ、でも独自サイトでも破産して商品が届かないってのもあったね。。。

難しいものです。
posted by hikasu at 16:03| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

本日の更新」
Excerpt: 映画を見終え、会場を後にした。 誰も観たことのない映画を作った監督の意図通りに、帰る観客は頭の整理をしている様子だった。私は中村雅俊の歌が頭の中をずっと流れていた。あの...
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-06-19 11:13

日本に生まれて 〜ブルース・スプリングスティーンと松本人志〜
Excerpt: もう一度見直して見ないと分からないのだけど、 映画のクライマックスで、中村雅俊の「ふれあい」(注3)が流れる。 この時、電流を大量に流されて、主人公は、死んだのだと思った。...
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-06-20 09:41

自然法算命学が膳場貴子さんを占いました。
Excerpt: 平和な時代、無限の可能性を求めて活躍する星。 膳場 貴子( - 1975年2月28日 - ) 元NHKアナウンサー(1990年代後半〜2000年代前半) 現フリーアナウンサー。東京都出身。
Weblog: 算命学NEWS(ブログ) - 天中殺 占い相談
Tracked: 2007-08-14 23:36

ヒカス。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。