2009年04月13日

自分を信じるって難しいですよね。

仕事がなくて暇だったので、
古いMacBook Proに今使ってるMacBook Proの内容を移した。

Time Capsuleから復元を試みたものの失敗したので
結局、FireWireで。

Time Capsule、使う日って来るんだろうか?w

で、【秋田県知事選】自民県連支持候補が初当選 小沢氏の窮地一段と、西松事件影響
 任期満了に伴う秋田知事選は12日、投開票が行われ、自民党県連などの支援を受けた無所属新人で、前秋田市長の佐竹敬久氏が、初当選した。民主党は、先の千葉県知事選に続き、支援候補を当選圏内に押し込めず、西松建設の巨額献金事件の影響が影を落とした格好だ。反小沢勢力には、次期衆院選への悪影響を懸念し、小沢氏の自発的辞任を求める声がなおくすぶっており、今後の世論の動向次第で、小沢氏は、一段と厳しい状況に追い込まれる可能性がある。
 前原誠司副代表ら小沢氏と距離を置く議員グループ「凌(りょう)雲(うん)会」に所属する「次の内閣」(NC)文部科学担当の小宮山洋子氏は同日、産経新聞社の取材に対し、選挙結果について、「千葉県知事選に続き負けてしまったことは、(進退を)判断する一つの要素になる」と指摘。そのうえで、「選挙結果は国民の声だ。一日も早くご判断をいただきたい」と述べ、次期衆院選の実施前に、小沢氏が自発的に辞任すべきだとの考えを重ねて示した。
 別の幹部は「政権を担おうとしているのに、千葉に続き秋田の知事選を落としたのは痛い。小沢氏が責任をとらないと、地方の選挙基盤がどんどん崩れてしまう」と述べた。
 秋田県知事選で民主党は、県連と一部の自民県議とともに無所属の新人候補を支援。これに対し、国政レベルで「共闘関係」にある社民党県連と連合秋田は、自民党県連とともに、佐竹氏を推した。このため、小沢氏の続投容認派には、「もともと支援態勢がねじれており、『負け戦』だった。小沢氏の辞任論が広がる心配はない」との見方を示す。
鳩山由紀夫幹事長も10日、党本部で記者会見し、秋田県知事選について、「基本的に党本部は一切かかわっていない」としたうえで、「情勢はよくないと聞いているが、小沢氏の進退にすぐにつながる話ではない」と述べ、選挙後、辞任論に火がつくことを見越し、反小沢勢力をけん制した。
 ただ、党内には、報道各社の世論調査で、事件以降、小沢氏の代表続投に否定的な意見が約6割を占めていることから、次期衆院選への悪影響を懸念する声は根強い。東京地検特捜部による二階俊博経済産業相側に対する献金問題の捜査が進展すれば、「政治とカネ」問題に対する世論の批判が再び高まるのは必至。小沢氏の進退問題に飛び火し、辞任論が増幅する公算は大きい。

この記事で一番気になるのは最後の部分、
「東京地検特捜部による二階俊博経済産業相側に対する
献金問題の捜査が進展すれば」って話。

これ、いつなの?w
結局、自民党に捜査は及ばないんでしょ?
森田健作だってそうじゃん。

もう私は世の中に期待をしないことにしたよ。
期待しても裏切られるだけだから。

私は自分だけを信じて生きていこうと思う。
信じられるか自信は無いがw
posted by hikasu at 01:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だから衆院選で諦めないで民主党に入れてやってください。国策捜査を放置して自公を勝たせたら間違いなく、ブログの規制をするでしょうね。
Posted by めだか at 2009年04月13日 06:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヒカス。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。