2008年09月19日

小池が税金を払わなくて良いって言ってますw

植草さんが更新されてた。
元ネタがこれ。


自民総裁選、もはや“消化試合”で終戦?

自民党総裁選(22日投開票)は17日、米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破たんを受けた「リーマン・ショック」の沈静化に追われ、候補者のアピール合戦はすっかり影を潜めた。与謝野馨経済財政担当相(70)は会議出席のため、途中で帰京。10日の告示後、汚染米を含めて国民の生活に直結する問題が次々浮上する中、麻生太郎幹事長(67)の独走で「消化試合」となった総裁レースを続ける自民党への風当たりは、日ごと強まっている。

 石原伸晃元政調会長(51)、小池百合子元防衛相(56)、麻生氏、石破茂前防衛相(51)、与謝野氏の5人は17日、島根県出雲市と岡山市で演説予定だった。しかし、与謝野氏は午前中の出雲で切り上げ帰京、官邸で経済財政諮問会議に出席した。担当大臣としてリーマン・ショックなど経済政策に対処するため。総裁選どころではなくなった。

 国内経済対策や環境、格差など得意分野で競ってきた各候補の演説スタイルに、この日変化が生じた。通常演説の順番は最後の与謝野氏が最初にマイクを握り、現職の経済閣僚としてリーマン問題を説明。「日本経済にもハチが刺した程度の影響はあるが、日本の金融機関が傷むことは絶対にない」「信用不安が起きないように、政府も日銀も力の限り努力しなければならない」と強調した。

 負債総額約64兆円というリーマン問題は世界中を経済不安に巻き込み、国民も注視する問題。各候補とも、持論の展開だけではもうすまない。麻生氏も「日本が急におたおたしなければならない状況では全くない」「景気対策が今の政策順位の一番だ」と訴え、防衛オタクの石破氏も「国民の生活の安定が第一。それを約束した上で、国家の安全を語っていきたい」と、歩調を合わせた。

 一方、小池氏は汚染米の問題に触れ「やるべき調査もせず、責任をたらい回しにしている行政に税金を払う意味はない」と、農水省を批判した。与謝野氏は18日に秋田、岩手両県で行われる街頭演説も、リーマン対策で見送る。

 「5候補による政策論争」を掲げて告示した総裁選だが、汚染米、リーマン問題が次々に直撃。政権政党としての対応が迫られる中「身内の祭りに興じるだけ」(民主党議員)の自民党の危機感のなさ。麻生氏独走で消化試合となった今、自民党内からも「長すぎる」(若手)との声が。それでもずるずる続く総裁選。「総裁選で国民にアピール→一気に解散総選挙」を描いた自民党の思惑に、狂いが生じる可能性もある。

 [2008年9月18日9時4分 紙面から]

植草さんは次のようにおっしゃっておられる。
「猛毒米流通事件」における政府の責任が追及されなければならないが、小池百合子氏から「トンデモ発言」が飛び出した。9月17日の出雲市、岡山市での街頭演説会で小池氏は「猛毒米」について、「やるべき調査もせず、責任をたらい回しにしている行政に税金を払う意味はない」と農水省を批判した。

小池氏は政党・国会・内閣・行政の関係を理解していないとしか考えられない。農水省は内閣の指揮下にあり、その最終責任は農水相、さらに首相にある。自民党は内閣をつくる政権与党であり、政権の責任は与党の責任でもある。小池氏の発言は「こんな政権に対して税金を払う意味がない」との意味になる。自民党の政権担当能力を自ら完全否定した発言だ。

確かにおっしゃる通りだ。
だから小池はダメなんだ。

小池は霞ヶ関をぶっ壊すと言っている。
私が総理になればぶっ壊すという意味なんだろうけど、
今、政権を担当している自民党が
農水省にやるべきことをやらせていればよかっただけじゃない?

農水省がなにもやってないとは知らなかったというのであれば、
霞ヶ関をぶっ壊すって言うのは、やみくもにぶっ壊すわけ?w

官僚の何が良くて何が悪いのか、
それを理解した上で壊すものは壊す、そうあるべきなんじゃないの?

だから小池なんて信用出来ない。

今日のネットゲリラさんは二階堂さんの記事を受けて
福田がずっと解散しないんじゃないかと言っている。

別にそれならそれでいいんじゃないの?
困るのは自民党だと私も思う。
posted by hikasu at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヒカス。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。