2008年09月19日

福田さんという方のすごさを改めて感じています。

頑張らせてください。
救済法成立後、全国各地で「薬害なのに証拠が無い。肝硬変、肝癌にまで至ってしまい、時間との闘いなのに、国は何もしてくれない。悔しい。」という声をたくさん聞いて参りました。

私は、ただ「一緒にこれから頑張りましょう。」としか言えず、歯がゆい思いでした。

薬害肝炎の闘いでも、最終的なツメの段階では官僚との闘いでした。
薬害に限らず、根源を同じとする問題は社会に溢れています。
そして、救えるはずの命が救えない社会に憤りを感じてきました。
根源を正さない限り、今の体制を変えない限り、例え薬害を根絶出来たとしても、このような悲劇は形を変えては現れ、繰り返されるのではないか。一部の人間の利益の為に、真っ当に生きる大勢の人が犠牲になることが許せない。
行政による犠牲者を無くしたい。
その思いは、ひと時も私の頭から離れることはありません。
不肖の私に何ができるのか?
愛する人や家族の為に一日でも長く生きたい。
そう切望しながら、家族と別れなければならなかった方たちと、これまでたくさんお会いしてきました。
最早、一刻の猶予もありません。

これまで多くの方に支えて頂き、育てて頂きました。
つないで頂いた私の未来と命をどう使うべきか。
悩みぬいた末、出馬を決意致しました。

今なら救える命がある。そして今しか救えない命がある。
多くの命を奪うのも、多くの命を救うのも政治の力だと痛感いたしました。そして、国民と政治家が一緒になって問題にむかうことが必要だとも感じました。

本来政治とは、命を救う尊い使命を持ったものだと思います。
これからの人生、命で命を繋いでいく生き方が出来たらと思います。
命を守るお手伝いがしたいです。
精一杯、頑張らさせて頂きたいです。

拍手ボタンのあるブログがあるけど、
本当に拍手を送りたい、そんな気持ちになった。

汚染米の問題も明らかに官僚の問題だと解ってきた。
処理に困ったのかもしれないが、官僚は別に自腹を切って
処分しなければならないわけじゃない。
自分達が使うことならいくらでも無駄遣いをするのに
こんな時には税金を使おうとしないんだからねぇ。。。

それにしても今日小沢と福田さんの会談の様子を見た。
小沢は福田さんを和ませるつもりだったのかわからないが
ニヤニヤしていた。福田さんは真剣というか堅い表情をされてた。

テレビは福田さんが「緊張した表情で」と
ナレーションを入れていたんだけど、私はそれは絶対に違うと思った。

福田さんの表情からは中途半端な感じが全く受け取れず、
確固たる決意が感じられた。

彼女のような人を政治の場に送り込むべきだ。
彼女はきっと活躍してくれると思う。
少なくとも久間とかいう人よりは。
posted by hikasu at 02:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福田女史の立候補という決断は尊重しますが、原告として提訴した企業から政治献金を受けていた政党から立候補するのはやめたほうがいいですね。
Posted by 委員長 at 2008年09月19日 07:45
コメントありがとうございます。
私はそのことを知りませんでしたが、
彼女はきっとそういうことも踏まえて
その上で政治家として動くには
大政党に入るしかないと思ったのだと思います。
もちろんわかりませんが。

ただその提訴された企業が民主党だけに献金を
しているのであれば確かに疑問です。
Posted by hikasu at 2008年09月19日 11:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

汚染米
Excerpt: 47校の中学給食にも汚染米 京都、赤飯5254人分 中日新聞学校給食への汚染米...
Weblog: ひろしの日記
Tracked: 2008-09-19 04:55

ヒカス。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。